バックナンバー

【3月号特集】サプリメントの製剤化技術

最新の造粒技術と食品へのアプリケーション

  (株)パウレック 興津 忠和

直打用基材の選択とアプリケーション

  アピ(株) 生産本部 技術開発部 徳永 勝彦

食品用HPMCカプセル(クオリ-V-N)のアプリケーション

  クオリカプス(株) 執行役員 マーケティング部長 南 光一郎

新製剤「タブラート」―カプセルと錠剤のコラボレーション―

  三生医薬(株) 研究開発部 深澤 孝之、住吉 悦子、小山 憲一

健康食品の剤型と添加剤の選択


<主な内容>
●最新の造粒技術と食品へのアプリケーション
はじめに
1.造粒の目的と造粒方法
2.造粒方法の違いによる造粒物物性の違いとその用途
おわりに
●直打用基材の選択とアプリケーション
はじめに
直打用混合末と打錠
スティッキング防止技術
キャッピング・ラミネーション防止技術
硬度不良防止技術
崩壊性改善技術
まとめ
●食品用HPMCカプセル(クオリ-V-N)のアプリケーション
はじめに
HPMCカプセルの開発経緯
HPMCカプセルの特性
HPMCカプセルの安全性
HPMCカプセルに適した健康食品素材
α-リポ酸に対するHPMCカプセルの有用性
DHA(ドコサヘキサエン酸)充填カプセルの安定性
ハードカプセルのメリット
おわりに
●新製剤「タブラート」―カプセルと錠剤のコラボレーション
はじめに
1.「タブラート」の誕生
2.「タブラート」の特長
3.「タブラート」の特長…低硬度の錠剤もタブラート化が可能
4.「タブラート」の特長…コーティング層の高い酸素バリア性及び強度
5.「タブラート」の特長…製剤を小型化できる、飲みやすい
6.「タブラート」の特長…多彩なカラーバリエーション
7.「タブラート」の特長…高度なマスキング効果による応用
まとめ
●健康食品の剤型と添加剤の選択

関連記事

  1. 4月号特集  おいしさの評価技術
  2. 【2月号特集】食品製造現場でのITソリューション活用事例
  3. 【2017年5月号・特集】HACCP義務化に向けた課題と取組み
  4. 【2013年9月号特集】理化学分析による食品の起源判別技術
  5. 【2017年8月号・特集】食品のロングライフ化技術と製品開発の動…
  6. 【2月号特集】Food IT ソリューションの最新動向
  7. 海外における機能性食品
  8. 【2018年12月号・特集】食成分による免疫賦活

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP