未分類

保存料・日持向上剤の市場動向

HACCPなど高度な食品衛生管理手法の導入が叫ばれているにもかかわらず食中毒事故は後を絶たず、食品の静菌対策には一層の注意が払われるようになっている。食品業界では製造工程における衛生管理の徹底とともに、食品の腐敗や劣化を抑え、シェルフライフ中を保証し、安全かつ食味に影響を与えず効果を発揮する静菌剤の開発と利用は重要な課題となっている。加えて産業界全体の景気後退の中で、資材コストも厳しくチェックされるようになっており、日持向上剤、保存料においても少量で効果を発揮し、なるべく安価な製品が選択される傾向にある。
本稿では最近の保存料、日持向上製剤などの開発と利用の動きを探っていく


●注目の保存料・日持向上剤取り扱い企業
アサマ化成
・上野製薬
エーザイ
カレックス
・キユーピー
タイショーテクノス
チッソ
日本アルコール販売
ヒガシマル醤油

●注目の保存料・日持向上剤取り扱い企業
ピューラック・ジャパン
丸善製薬
武蔵野化学研究所
理研ビタミン

関連記事

  1. クローズアップ
  2. 2011分析展/科学機器展 本日まで
  3. 【市場動向】食用色素の市場動向
  4. 【2月号】食品加工用酵素の市場動向
  5. 【特別レポ】機能性食品成分の体内利用率の解明―ポリフェノールを中…
  6. CLOSE UP
  7. 【品質安全】衛生指導の現場での利用進むATPふき取り検査法の最新…
  8. クロマトの開発動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP