未分類

【分析計測】水分の分析計測技術の最新動向

食品中の水分含量は品質を決定付ける重要因子として、原料から製造工程・最終製品に至る様々なラインでその測定が行われている。さらに米穀類や牛乳など特定業種に至っては製品規格となっており、水分値は品質管理上だけではなく、重量取引上においてもいわゆる“水増しトラブル”などを防止するための重要なファクターとなっている。


ラボで使用される卓上用分析計では、公定法や準公定法に基づいた機器の迅速化、自動化、高精度化が進み、種類も充実している。また、ライン用ではHACCP対応プラントなどにおいて、非破壊による計測技術が現場にあった手法として貢献するなど注目されている。
本稿では、食品分野のあらゆる場面で用いられる水分測定技術の最新動向と各種製品について紹介する。
→続きは本誌をご覧ください。
◆◆◆【注目の水分測定ソリューション提供企業】◆◆◆
「迅速・高精度水分率測定を実現するハロゲン水分計」
メトラー・トレド
「乳・乳製品分野で実績豊富なマイクロウェーブ式水分計」
アステック
「0.1mgの読取分析天びん搭載のマイクロウェーブ式水分計を低価格で」
ザルトリウス・メカトロニクス・ジャパン
「0.01%以下でも高精度に水分測定可能なカールフィッシャー方式」
京都電子工業
「カールシッシャー上位機種が使いやすさを追求してリニューアル」
平沼産業
「簡易計測に最適な携帯型水分計」
オガ電子
「様々な試料の水分吸脱着等温線を24時間で測定」
アイネクス

関連記事

  1. 平成17年国民健康・栄養調査結果の概要
  2. クローズアップ
  3. 【品質安全】動き出した食品安全MS/ISO22000
  4. 多価不飽和脂肪酸(n-3系、n-6系)素材の市場動向
  5. 【10月号】「2011日本国際包装機械展」誌上プレビュー
  6. 【HACCP支援】洗浄・除菌剤と衛生管理サービス
  7. 地域農産物活性のための高機能食品開発プロジェクトを追う(群馬県)…
  8. 【分析・計測】食品分野における水分測定技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP