未分類

【市場動向】茶素材の開発と市場動向

日本人が昔から親しんできた緑茶は、いまでは世界的に機能性の高さが注目され、抗酸化作用をはじめ、抗がん、血中コレステロール上昇抑制、虫歯予防、抗菌、消臭などの作用が研究されてきている。


しかし茶葉の需要で大きなシェアを持つ飲料向けが、ペットボトル茶飲料の消費の落ち込みで状況が変化してきている。そのため、菓子をはじめ飲料以外の分野での需要開拓も進められている。本稿では機能性の高い緑茶抽出物、安価で利便性の高い粉末茶、加工食品でさらなる広がりが期待される抹茶など、様々な緑茶素材や技術を多角的にみながら、市場動向とサプライヤーの動きを探っていく。
<主な茶素材サプライヤー>
●緑茶抽出物
太陽化学
タマ生化学
常磐植物化学研究所
丸善製薬
三菱化学フーズ
●粉末茶(インスタントティー)
佐藤食品工業
仙波糖化工業
太陽化学
●抹茶
葵製茶
木長園

関連記事

  1. 変わる食品表示シリーズ5
  2. 食品衛生管理のための機器・資材
  3. 海外開発トピックス
  4. 高度化する食品産業の粉粒体技術
  5. 【4月号】無菌化包装食品・飲料製造技術の最新動向
  6. 【市場動向】ポリフェノール食品・素材の市場動向
  7. 【連載】ニュートリゲノミクスの新展開
  8. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP