未分類

【1月号】食用塩の市場動向

 2010年4月21日から「食用塩の表示に関する公正競争規約」が完全施行となり、表示の基準が設定されたことで、最近は味もさることながら特定の“産地”で差別化を図る動きがあり、塩をアクセントに用いたスイーツやスナック菓子などへ利用されるなど用途の広がりを見せている。


 2009年度の食用塩市場はかろうじて横ばいを維持したが、下降トレンドで推移していることには変わりはなく2010年度は5%ほど減少したと見られる。食習慣の変化、少子高齢化、健康志向に加え消費マインドが低下するなかで、塩メーカーが勝ち残っていくためには、差別化できる製品の供給とその商品特長をいかにPRできるかが鍵を握る。本稿では、家庭用塩および食品加工塩の市場動向を中心にみていく。

<食用塩の主なサプライヤー>

 青い海
 ジャパンソルト
 伯方塩業
 あらしお
 天塩
 日本精塩
 塩事業センター

関連記事

  1. ●価格破壊は王者のマーケティングか
  2. 海外開発トピックス
  3. 平成14年国民栄養調査、微量栄養素の欠乏にどう対処するのか
  4. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う(愛媛…
  5. 【素材レポ】ジボダン、TasteTrek Citrusで新しいオ…
  6. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  7. 【市場動向】日持向上剤・保存料製剤
  8. 食品品質管理に欠かせない温度管理技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP