未分類

【8月号】Food ITソリューションの最新動向

HP8月号 Food ITソリューション 画像.jpg

 食品・飲料製造業(機能性素材も含む)は、原材料調達から完成品配送までの品質管理やトレーサビリティ対応といった高度のリスク対策に加え、研究・開発では品質・レシピ情報を駆使した効果的でヒット率の高い商品開発などの課題を抱える。また、生産効率化や歩留り改善、在庫圧縮、輸送効率向上、ラインスタッフの人数・配置の最適化など、競争力強化のための課題も多い。こうした中、ITシステム導入でこれらの課題を解決する企業が増えている。大手・中堅に限らず、中小企業でもそうした動きが拡大。ベンダーも機能・価格を刷新し、システムの普及を勢いづけている。

 東日本大震災後、先送りや見直しとなっていたITシステム投資も秋口以降に進展する可能性が出てきている。震災による企業の危機管理は、システム投資に対する考え方も一変させた。ベンダー各社のクラウド型サービス提案が相次いでいるのもこのためだ。一方、クラウド型サービスのリスクを指摘する声もある。大手企業の顧客情報がハッカーによる攻撃で外部に漏れてしまったという事件は記憶に新しい。また、ネット環境が震災などで断たれるケースも考えられる。ただ、クラウド型サービスの持つビジネスの可能性については、肯定的な声が圧倒的に多く、今後、セキュリティーを含めた進化がさらに進むものと見られる。


<Food ITソリューションベンダー>

■製造管理系

日清エンジニアリング

日立ハイテクトレーディング

■生産管理・統合系/生産スケジューラー

サンクレエ

東洋ビジネスエンジニアリグ

ブロード・システム・ソリューションズ

■成分管理・レシピ管理・規格書管理系/品質保証系/新製品開発支援系

eBASE

東京システムハウス

ブロード・システム・ソリューションズ

■品質検査・研究情報管理系

LabWare Japan

■物流管理系

日清エンジニアリング


関連記事

  1. 【分析・計測】食品分野における水分測定技術
  2. 食品開発展-ちゅうごく地域
  3. 海外開発トピックス
  4. 食品表示とラベラー・印字機・印字検査機
  5. 食物繊維市場の動向
  6. 食品産業向け搬送機器
  7. 【6月号】最新の食品成分分析技術
  8. 開発・製造および環境対策で用途拡がる分離・濾過技…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP