未分類

食品産業における異物混入対策

この1、2年、食品産業における異物混入事故が社会問題化し、経営の屋台骨を揺るがす事態にまで発展している。従来まで異物混入事故は表面化することなく処理されるケースも少なくなかったが、消費者の食の安全性に対する意識の高まりを背景に、様々なクレームが消費者センターやマスコミ等を通じて公報され、危機感を持ったスーパー・コンビニ等の流通業界が食品・飲料メーカーとの取引を停止する動きも顕在化している。これに伴って、食品・飲料メーカー等での危機意識も高まり、異物混入対策に真剣に取り組み始めている。こうした食品製造をはじめとして流通業界の異物混入に対する意識の変化と相まって、「異物混入対策製品」に対する関心、設備投資の必要性も高まっている。
本企画では、食品業界において不可欠な異物混入対策に対する市場動向を、衛生資材や各種機器、サービス、エンジニアリングなど関連各社の製品及び動向を踏まえ紹介する。


●注目の企業
ベンハー芙蓉
アンリツ産機システム
太平洋エンジニアリング
日新電子工業
島津製作所
ジェイティエンジニアリング
中部メディカル

関連記事

  1. 【分析・計測】電子天びんの最新動向
  2. 安全性・有用性の受託試験
  3. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う
  4. 【素材レポ】微粉砕コーヒーの性状とその応用について
  5. 【4月号】ストレスケア・安眠素材の最新動向
  6. 【2月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(2)
    食品…
  7. 新素材レポート セラミドとジガラクトシルジアシルグリセロールの併…
  8. ●食品業界におけるモラルハザード問題をどうするのか

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP