未分類

【2月号】食品加工用酵素の市場動向

a0800_000851.jpg

 食品用の主要酵素の需要は、ここ数年大きな動きがなかったが、世界的に穀物原料や乳原料の供給が不安定な状況の中で、国産原材料の有効利用や製品の歩留まり向上・品質改良技術として見直しが進み、GMO酵素も原料問題を機に動きが出てきた。

 また、ここにきて長く審議が行われていたプロテイングルタミナーゼが食品安全委員会の添加物専門調査会を通過し、次のステージに向けて動きが出ている。本稿では国内酵素メーカーの動きを通じ、食品酵素市場の現状と展望をみていく。


【主な酵素サプライヤー】

●製菓・製パン用酵素

天野エンザイム

ケリー・ジャパン

タイショーテクノス

DSMジャパン

ナガセケムテックス

ノボザイムズジャパン

三菱化学フーズ

●エキス系調味料向け

天野エンザイム

エイチビィアイ

新日本化学工業

ナガセケムテックス

ノボザイムズジャパン

●たん白質の品質改良

味の素

天野エンザイム

タイショーテクノス

●飲料原料用

三菱化学フーズ

ヤクルト薬品工業

●酵素を用いた機能性開発

エイチビィアイ

科研ファルマ

ヤクルト薬品工業

●酵素を用いた高齢者食品の開発

天野エンザイム

エイチビィアイ

新日本化学工業

ナガセケムテックス

ヤクルト薬品工業


関連記事

  1. オゾンによる殺菌・消臭作用の利用技術
  2. 【市場動向】多価不飽和脂肪酸(PUFA)の市場動向
  3. 【健康素材】脳機能を高める注目の素材
  4. 匂い・味&テクスチャーの測定技術
  5. 【品質・安全】食の安全を認証システムから考える
  6. 海外開発トピックス
  7. クローズアップ
  8. ダイエット素材の開発動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP