未分類

【4月号】におい・味・テクスチャー・色の客観評価を目指して

pancake.jpg

 食品のにおい・味・テクスチャー・色はおいしさを決める重要なファクターであり、食品メーカーではにおい、味、テクスチャー、色の研究開発が日夜続けられている。従来からおいしさの評価は官能評価で行われているが、官能評価では訓練されたパネルでも個人差や体調、気分、作業者の疲労度により、評価の客観性や再現性にブレが生じるのは否めない。

 最近はこれまでの官能的な評価から、もっと客観性をもたせたデータ取得の必要性が生じており、製品開発はもちろん、できた製品のポジショニング評価や品質評価、さらに賞味期限決定やクレーム分析の観点から機器分析も行われるようになってきた。

 本稿では、におい・味・テクスチャー・色の客観評価を目指した装置やソフトの開発状況についてみていく。


<主な装置サプライヤー>

 ■におい識別装置

 アルファ・モス・ジャパン

 島津製作所

 ■味識別装置

 アルファ・モス・ジャパン

 インテリジェントセンサーテクノロジー

 ■テクスチャー測定装置

 サン科学

 シスコム

 日本エス・テイ・ジョンソン商会

 山電

 ■食品の色・外観測定装置の開発

 アルファ・モス・ジャパン

 

関連記事

  1. 【市場動向】ビタミンの最新市場動向
  2. 天然・健康志向で注目される野菜・果実原料
  3. 新素材レポート
  4. 【品質・安全】安全性(危害物質)の受託検査サービス
  5. 機能性甘味料の最新利用動向
  6. 疾患の原因となる炎症、その抑制とDHA・EPAの関連などについて…
  7. 【4月号】生産プロセスから環境対策まで用途拡がる分離・ろ過技術
  8. ATPふきとり検査法の最新動向

おすすめリンク先

PAGE TOP