未分類

食品開発のためのフレーバー市場動向

日々変化する「食シーン」の中で、消費者の新製品への要求は、情報の氾濫と共に多様化している。食品メーカー各社も新しいトレンドを形成する商品の開発に余念がなく、飲料・加工食品を中心に毎年数多くの新製品が上市されている。それら新製品開発において、美味しさのポイントとなるフレーバーの役割は大きい。飲料用途での新規フレーバー、惣菜で求められる耐光性・耐熱性フレーバー、冷食・レトルト食品などでの加工耐性、高甘味度甘味料などのマスキングフレーバー、香りのみならず食品添加物としての機能性を求められるケースも多くなってきた。
本稿では、フレーバー市場の現状を見ながら、2003年の香りのトレンドを探る。


●注目のフレーバーサプライヤー
ヴィルドジャパン
小川香料
小林香料
三栄源エフ・エフ・アイ
塩野香料
センシエントテクノロジーズジャパン
曽田香料
高砂香料工業
高田香料

●注目のフレーバーサプライヤー
ダニスコジャパン
長岡香料
長谷川香料
コーケン香料
横山香料

関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. 海外開発トピックス
  3. 品質管理に欠かせない食品工場のモニタリング
  4. 【品質・安全】鮮度保持に欠かせない解凍技術の最新動向
  5. 脳機能改善食品素材の市場動向
  6. 【連載】ニュートリゲノミクスの新展開
  7. クローズアップ
  8. HIE 2010(スペイン・マドリッド)視察レポート

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP