未分類

健康・天然志向で注目される野菜・果実原料

ナチュラル志向や健康志向の浸透で、多くの人が普段の食事でも野菜・果物摂取を心がけるようになったが、それでも野菜・果物不足は否めない状況である。そのため飲料やヨーグルト、菓子、その他加工食品等で不足しがちな野菜・果物を積極的に摂取する傾向が強まってきている。消費者の健康志向は近年上昇する一方で、メーカーサイドでも野菜・果実が手軽に効率よく摂取できるような商品開発が活発化している。さらに野菜・果実の生理活性効果や素材の持つ健康イメージを訴求したものなど、消費者の細かなニーズに対応できる製品なども取り揃えられている。そういった野菜・果実系素材を使用した製品は今後も伸長を続けていくと予想される。
本稿では健康志向の高い野菜・果実系素材の開発と利用動向を探る。


●注目の野菜・果実・青汁素材サプライヤー
ヴィルド(ジャパン)
・日研フード
・日本コロイド
ミナト製薬
八尋産業

関連記事

  1. 酵母、植物由来β-グルカン素材の市場・開発動向
  2. 【3月号連載】機能性表示を巡って―第45回
    機能性表示食品…
  3. 編集部から
  4. 【11月号】食用色素の市場動向
  5. 【9月号】食品機械用潤滑剤の最新動向
  6. 【8月号】進化するFood ITソリューションの最新動向
  7. ポリフェノール食品・素材の市場動向
  8. 【9月号連載】■機能性食品開発のための知財戦略(9)
    食品…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP