未分類

重要性増す食品産業における異物混入対策

高機能化、低価格化する異物混入対策ソリューション
ここ数年、食品産業における異物混入事故が社会問題化し、文字どおり経営の屋台骨を揺るがす事態に発展するケースさえある。消費者の食の安全性に対する意識の高まりを背景に、様々なクレームが国民生活センターやマスコミ等に寄せられ、危機感を持ったスーパー・コンビニ等が、問題のある食品・飲料メーカーとの取引を停止する動きも顕在化している。これに伴って、食品メーカーは異物混入対策の再点検を迫られ、新たな対策を講じる企業が相次いでいる。また、最近では製造・加工工程のみならず原材料の段階でも異物混入対策ソリューションを導入する動きも広がっている。 本稿では、食品産業における異物混入対策の現状を踏まえ、技術革新が急進展するX線異物検出装置、金属検出機、防虫対策製品をはじめとした異物混入対策ソリューションの最新動向を探る。


●異物混入対策に貢献する有力企業
島津製作所
イシダ
アンリツ産機システム
東研
中部メディカル
日新電子工業
太平洋エンジニアリング
アイオ
イカリ消毒

●異物混入対策に貢献する有力企業
日本スピンドルテクノ
ダイダン
富士フレーバー
住友スリーエム

関連記事

  1. ゲル化・増粘安定剤の最新開発動向
  2. クローズアップ
  3. 【分析・計測】食品分野における水分測定技術
  4. 【10月号のおすすめ】安全性の受託検査サービス
  5. 食品産業における温度管理技術の最新動向
  6. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究
  7. ユベリ博士の独創的ダイエット論<最終回>
  8. フレーバーから探る2006年食品トレンド

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP