未分類

プロバイオティクス素材の開発動向

わが国のシュガーレス・低カロリー市場は確実に拡がっている。消費者が自らの健康と向き合うようになり、体型だけでなく、内臓脂肪、皮下脂肪、血糖値、コレステロールなど、細かい部分でより健康に気遣う傾向が進んでいる。美容目的のダイエットはあらゆる方法で試され、健康面でダイエットを考える人口も増加している。歯の健康は子供から大人まで幅広い層で意識されている。砂糖が太る、虫歯の原因になるといったイメージから敬遠されるのは一因に過ぎず、シュガーレス・低カロリー食品が求められる背景には、様々な理由が考えられる。


●糖アルコール素材サプライヤー
・上野製薬
サンエイ糖化
新三井製糖
セレスタージャパン
東和化成工業
日研化成
ピューラック・ジャパン
三菱化学フーズ

●高甘味度甘味料素材サプライヤー
三栄源エフ・エフ・アイ
武田キリン食品
長安商事
東洋精糖
日本製紙ケミカル

関連記事

  1. 【2月号】食品加工用酵素の市場動向
  2. 疾患の原因となる炎症、その抑制とDHA・EPAの関連などについて…
  3. 【支援技術】製造プロセスおよび環境対策で用途拡がる分離・ろ過技術…
  4. 【6月号】緊急企画:食品の放射能測定技術
  5. クローズアップ
  6. 海外開発トピックス
  7. 【12月号】変わる食品表示と印字・記録関連技術
  8. 【1月号】食用塩の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP