未分類

市場拡大が期待される各種膜システムの開発動向

約40年前から研究開発が始まった膜技術は、今日では食品製造工程から食品工場排水に至るまで、幅広い分野で活用されている。膜技術は、無菌濾過、有用成分の分離・精製、不要な成分の除去、非加熱濃縮、廃棄物からの有価物の回収などで利用されているが、今後、環境問題や健康・機能性志向の高まりにより食品開発の場面での利用拡大が期待される。
本稿では、食品業界における膜技術の利用の現状を踏まえ、新食品創造への役割を担う各種膜システムの最新動向を紹介する。


●有力膜システム・分離濾過メーカー
日本ミリポア
日本ガイシ
インベンシスシステムス
富士写真フイルム
日本ノリット
アクアテクノロジー
旭化成
トクヤマ
旭硝子エンジニアリング

●有力膜システム・分離濾過メーカー
東京特殊電線
荒井鉄工所
ウェルシイ
アルファラバル
三菱化工機
日本錬水

関連記事

  1. 【市場動向】多量・微量ミネラル素材の市場動向
  2. 簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  3. 【2月号連載】機能性食品開発のための知財戦略(2)
    食品…
  4. 食品産業における異物混入対策
  5. ●コーデックス会議、食品表示の新時代を宣言
  6. クローズアップ
  7. 地域農産物活性のための高機能食品開発プロジェクトを追う(長崎県)…
  8. 【支援技術】食品表示・記録関連技術の最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP