食品素材の記事

アルコールと動物由来原料不使用のフレーバー

ゴールデンケリーパテント香料では、アルコールと動物由来の原料を使用していないフレーバー「ALCOHOL&ANIMAL FREE®」シリーズを販売している。大阪の本社工場に専用ラインを設け、倉庫や担当者、製造時のユニフォームまで通常製造の場合と区別するなど、厳しい自主基準を設けている。

2年前から販売しており、現在ではバニラ、メープル、バター、ストロベリー、桜、抹茶、ワサビなど17種類を揃えている。本フレーバーを使うことで、動物由来品を避けるベジタリアン、宗教やライフスタイルにより食に規制を持つ人など、世界のより多くの人に対応できる製品を作ることが可能となる。

ベーカリーや菓子向けに提供し、インバウンドのお土産製品用には購買者が判断しやすいよう“alcohol free, animal free”の表記と英語での原材料表記の追加を推奨している。

関連記事

  1. BASFジャパン、体内の吸収量を大幅に高めた新ルテイン製剤上市
  2. レモンバーベナ抽出物に酸化ストレス及び筋肉ダメージ軽減効果確認
  3. 海藻由来アスコフィラン、感染症予防で引き合い
  4. 高吸収性ケルセチンのアレルギー改善で機能性表示食品にチャレンジ
  5. オリザ油化、新規成分「β-シトステロールグルコシド」におけるセラ…
  6. 日清ファルマ、ポリアミン酵母など新素材2品を参考出展
  7. 東洋新薬、東京大学との連携 第二弾 ―『大麦若葉エキス末』が骨格…
  8. 家庭需要の増加など最近の消費者ニーズに適した機能性油脂の新製品

おすすめリンク先

PAGE TOP