技術・機器の記事

1秒でタンパク質汚れ確認「清浄度チェッカー」

前川製作所は、光を使って食品機械に付着したタンパク汚れを約1秒で確認できる「清浄度チェッカー」を来春の発売に向け開発を進めている。6月の2017国際食品工業展(FOOMA JAPAN)で同機械を披露した。

同機はタンパク由来の食品残さを簡単操作でその場で確認ができる。軽量コンパクトなので場所を選ばず片手で操作が可能。チェックした数値はタブレットで記録できるため手軽かつ効率良く衛生管理ができる。

主な用途は
①食品機械やテフロン製コンベア等の洗浄後のチェック
②ステンレス表面の汚れチェック
③まな板など調理器具の洗い残しチェック など

関連記事

  1. ウイルス・細菌対策用エタノール製剤「エークイックFORTE」新発…
  2. 品質管理業務効率化を目指した帳票のデジタル化を提案
  3. 大型液晶でpHと温度を同時に表示
    IP67準拠の防塵・防水…
  4. 生産計画・実績管理システムの提案を加速ーセイノー情報サービス
  5. 低温冷水の安定・大量供給を実現する新装置発売
    食の安全・…
  6. ファインバブル技術用語ISOで規格化 「ナノバブル」使わず
  7. マイクロ波減圧乾燥機の需要さらに拡大の公算
  8. ふれずにスタートできる衛生仕様 手洗い用タッチレスタイマー

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP