食品素材の記事

国産の鹿角霊芝エキス末を紹介

岩瀬コスファでは、秋田県で栽培された国産の鹿角霊芝を原料とした「国産鹿角霊芝エキス末EX」を、10月に開催された食品開発展で紹介した。15年以上実績のある国内工場(ISO9001認証取得)で栽培された原料のみを厳選して製造したエキス末。

国産鹿角霊芝はβ-D-グルカン含量の高さも特長で、β-D-グルカンを約50%含有している。これはアガリクスの約4.3倍以上の含有量となる。また、中国産鹿角霊芝と比較した試験では、ガノデリン酸量(627mg/100g子実体)は約2倍、ポリアミン含量(11mg/100g子実体)は約7倍にもなった。

鹿角霊芝は霊芝(マンネンタケ)の一種だが、通常の霊芝とは形状が異なり、鹿の角状に成長し胞子を放出しないため天然成分をより多く含むのが特徴。霊芝の品質は、同一の産地や品種であっても栽培条件や収穫時期に左右されるため、製造工程管理も重要とされている。

関連記事

  1. シネトロールとL-カルニチンでスポーツパフォーマンス向上
  2. プロテイン製品のマスキングに「マスキング フレーバー」
  3. 三菱ガス化学のBioPQQ™が新規食品(Novel Food)と…
  4. 日成共益、ソーマチン製剤の日本市場へ
  5. 北欧産ベリー5種類のミックス粉末が好評
  6. 林原、消費者向け製品発売―第1弾として「ファイバリクサ®顆粒」を…
  7. ポリフェノールを含みながらノンカフェイン
    ―美味しさと健…
  8. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP