食品素材の記事

国産の鹿角霊芝エキス末を紹介

岩瀬コスファでは、秋田県で栽培された国産の鹿角霊芝を原料とした「国産鹿角霊芝エキス末EX」を、10月に開催された食品開発展で紹介した。15年以上実績のある国内工場(ISO9001認証取得)で栽培された原料のみを厳選して製造したエキス末。

国産鹿角霊芝はβ-D-グルカン含量の高さも特長で、β-D-グルカンを約50%含有している。これはアガリクスの約4.3倍以上の含有量となる。また、中国産鹿角霊芝と比較した試験では、ガノデリン酸量(627mg/100g子実体)は約2倍、ポリアミン含量(11mg/100g子実体)は約7倍にもなった。

鹿角霊芝は霊芝(マンネンタケ)の一種だが、通常の霊芝とは形状が異なり、鹿の角状に成長し胞子を放出しないため天然成分をより多く含むのが特徴。霊芝の品質は、同一の産地や品種であっても栽培条件や収穫時期に左右されるため、製造工程管理も重要とされている。

関連記事

  1. BASFジャパン、体内の吸収量を大幅に高めた新ルテイン製剤上市
  2. 代謝マスタースイッチと肥満抑制スイッチをONにするUKOGIN(…
  3. 減塩と糖質制限についてのトータル提案
    三栄源エフ・エフ・ア…
  4. 強力な抗酸化成分「セレノネイン」を含んだ国産サバ由来の「サバペプ…
  5. 扶桑化学工業、果実酸類4月から値上げ
  6. 沖縄産の5種類のフルーツを配合した原料の供給を開始
  7. ツルヤ化成工業、食添グレードのアジピン酸のサンプルワークを開始
  8. 肌と毛髪の美容・アンチエイジング素材として提案

おすすめリンク先

PAGE TOP