食品素材の記事

IHM、鶏プラズマローゲン含有素材「Plasmax®」を機能性表示対応素材として積極的な提案を進める

丸大食品の鶏ムネ肉由来プラズマローゲンの販売代理店であるIHMは、丸大食品の「プラズマローゲンサプリメント」が機能性表示食品として受理されたことを発表した(届出番号E648)。

機能性関与成分は「鶏由来プラズマローゲン」で、表示は「本品には鶏由来プラズマローゲンが含まれます。鶏由来プラズマローゲンには、中高年の方の認知機能の一部である、言葉を記憶し思い出す能力、「言語記憶力」を維持する機能があることが報告されています」。機能性関与成分(鶏由来プラズマローゲン)の1日あたりの摂取量は1mg。

丸大食品では臨床試験を実施し、同社の鶏ムネ肉由来プラズマローゲンを1日当たり0.5mg、もしくは1.0mg摂取することで認知機能改善作用(言語記憶力、認知機能速度)が認められた。これらの結果をまとめた論文を機能性の根拠資料として届出を行い、このたび受理となった。

IHMでは鶏由来プラズマローゲン含有素材「Plasmax®」として、プラズマローゲン含量が12.5%以上のエキス素材と、3.0%以上の粉末素材の2種類を揃えている。今後はSRを提供しながら機能性表示食品用の素材として積極的に提案していく方針で、すでに複数の企業から良い手ごたえを得ているという。

関連記事

  1. バイオジェニック、美味しさと機能性を兼ね備えた「生プーアル茶エキ…
  2. 舌で感じる濃厚感や風味が持続、奥野製薬、小麦たん白分解物「ブラボ…
  3. ルチンの内臓脂肪低減作用に関するSRの提供を開始
  4. 池田糖化工業、「甘草根エキスパウダー」を和漢食品向けに提案
  5. CBC、コスクラ社のエンドウたん白を日本市場で本格展開
  6. 抗炎症ペプチドをAIで特定 BASFジャパン、玄米プロテイン「P…
  7. セティ、乳酸菌の高濃度シリーズラインアップ拡充
  8. 日成共益、瀬戸内オリーブ葉粉末の原料販売を開始

おすすめリンク先

PAGE TOP