食品素材の記事

森永乳業の子会社であるドイツ・ミライ社、ラクトフェリン製造能力を増強

森永乳業の子会社であり、ラクトフェリン生産量が世界的トップシェア(Absolute Reports社 2019年データによる)となるドイツ「MILEI GmbH」(以下 ミライ社)は、ラクトフェリンの生産体制をさらに強化すべく、製造能力を現在の2倍以上に増強すると発表した。

新たな生産設備の稼働は2021年4月を予定し、完成後の製造能力は約170トンと、2019年度の2倍以上になる予定。

ラクトフェリンは欧米やアジアを中心に、育児粉乳やサプリメントなどで需要が伸長している。健康・栄養に対するニーズは世界的に高まっており、様々な機能性を有するラクトフェリンの需要は長期的に高まると予想されている。

森永乳業グループにおいて、ラクトフェリンを重要な機能性素材として位置付けており、60年以上にわたる基礎研究と商品への応用を推進してきた。今回、ミライ社の製造能力を増強することで、今後さらに高まると予想されるラクトフェリン需要に対応していく。

関連記事

  1. オリザ油化、マキベリーエキスのドライアイ改善作用に関する臨床試験…
  2. 堅調な炭酸カルシウム、製剤提案も幅広く―白石カルシウム
  3. 日成共益、乳や植物性など各種タンパク素材を揃え、総合タンパク事業…
  4. 抗炎症ペプチドをAIで特定 BASFジャパン、玄米プロテイン「P…
  5. 太陽化学、モリンガ種子抽出物の抗疲労効果を検証
  6. 青みかんエキスの鼻アレルギー症状軽減効果に関する臨床試験結果が論…
  7. ニューノーマル時代へ粉末MCTを拡販
  8. 東洋新薬、食品開発展にてSR完了のターミナリアベリリカやOEMを…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP