食品素材の記事

セティ、免疫機能改善データを持つエキナセア粉末を上市

セティでは2月からIFF Health社のエキナセア濃縮末「echinacea EFLA®894」を免疫向け素材として紹介している。

エキナセア プルプレアは北米原産のキク科植物で、抗菌・抗ウイルス作用、抗炎症作用、免疫賦活作用などがあることが報告されている。欧米では古くから万能薬として、あるいは感染症の予防・治療などに利用されており、現在も免疫系ハーブとして広く親しまれている。

「echinacea EFLA®894」は、エキナセア プルプレアの開花時の地上部のみをコールドプレス製法で圧搾した粉末品。欧州の各種モノグラフと同等レベルの製品となる。

臨床試験では、日ごろから疲れを感じている健常成人男女22名を対象に、同品500mg/日を3週間摂取したところ、免疫機能の改善(リンパ球、T細胞など免疫細胞の増加)、免疫力スコアの改善などが確認された。それだけでなく、試験開始前と比べて、精神的ストレス、肉体的疲労、疲労回復、目の疲れ、肩こり、肌の状態など主観的健康感の改善もみられた。

関連記事

  1. マキベリーエキス「Delphinol®」の骨粗鬆症改善に関する新…
  2. ルチンの内臓脂肪低減作用に関するSRの提供を開始
  3. 舌で感じる濃厚感や風味が持続、奥野製薬、小麦たん白分解物「ブラボ…
  4. 高吸収性ケルセチンのアレルギー改善で機能性表示食品にチャレンジ
  5. 卵殻膜ペプチドNEM®の変形性膝関節症に対する有効性の論文が学術…
  6. BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定
  7. 月刊『食品と開発』1月号には食物繊維の企画を掲載しています
  8. クイーンガーネットプラム―テルヴィスが新たなフルーツ原料を紹介

おすすめリンク先

PAGE TOP