毎月の連載記事

注目のトレンド食材:黒トリュフ  ラグジュアリーな香りを日常生活において楽しむ(MINTELグローバルトレンドレポート4)

ご存知でしたか?
ヨーロッパ発祥の黒トリュフは、今や世界的に人気を誇るフレーバーへと進化を遂げました。Mintelメニュー インサイトによると、米国市場ではメニューに「トリュフ」と表記される頻度が57%増加しています(2018年、2021年それぞれの第1四半期を比較 )。APAC市場では近年パスタソースなどに加えて、スナック、特にポテトチップスのカテゴリーにも黒トリュフが登場するようになってきました。

Mintel GNPD(世界新製品情報データベース)掲載の黒トリュフ入り新製品トレンド
世界的に見ても黒トリュフを原料とした食品・飲料の新製品は、2013年から2014年、2019年から2020年にかけて急成長しておりその数は3,000以上です。トップ3は、「ソース・調味料」(26.0%)、「サイドディッシュ」(13.5%、主にパスタ・ソース類)、「乳製品」(13.2%、主にチーズ・チーズ製品)となっています。

黒トリュフの主要市場はヨーロッパですが、近年APAC市場での黒トリュフの使用が急速に拡大しており、シェアの成長率は5年間で203.0%となっています(2016年9月から2017年8月と、2020年9月から2021年8月比較)。

【Mintel GNPDに 掲載された新製品の一例】
スナック
■Aroma Truffle Co.
黒トリュフのフレーバーに特化したブランドで、製品シリーズには黒トリュフチップス、ポップコーン、チリソース、オイル、月餅などがあります。(シンガポール)

■KitKat SNAX トリュフ・フレーバー・ミックス・タパス
パンプキンシード、ライスクリスピー、チョコレートウエハースを使用し、トリュフオイルで味付け。(日本)

■La Cave à Truffes 黒トリュフ入りカシューナッツ
黒トリュフを1%配合。(フランス)

 

冷凍食品
■Dongwon Gaeseong トリュフ入り餃子
黒トリュフを0.6%配合。(韓国)

上記のレポート内容を映像でご覧いただけます(英語)

関連記事

  1. 日本のインスタントラーメンが健康ブームに乗るまで(MINTELグ…
  2. 日本の消費者市場で急増するプラントベース(植物性)の菓子の需要(…
  3. サステナビリティ、動物福祉、植物由来の食生活がアジア太平洋地域の…
  4. 日本市場において高まるノンアルコール飲料への好感度(MINTEL…

おすすめリンク先

PAGE TOP