毎月の連載記事

多国籍料理(MINTELグローバルトレンドレポート16)

世界各国の料理を食べる人の10人に6人以上が、新しいジャンルの料理を試すことに好奇心を抱いており、家庭で世界の料理を作ることにフォーカスした業態のポテンシャルが示唆されています。

インド料理、中華料理、メキシコ料理などの多国籍料理の味は、家庭の食卓をより豊かで楽しいものにするという意見が多く、この商機はCOVID-19に続くフレキシブルな働き方の影響もあって、より重要なものとなってきています。

消費者が定番の味に飽きることなく、簡単に素早く調理できることを求める中、世界の料理ブランドが消費者の食欲を捉え、潜在的な利用シーンを増やすにはどうしたらよいのでしょうか?

1. 身近な料理に “ひと工夫” して世界の料理を探求

半数近くの人が、食べ慣れた料理をアレンジして食べることで、そのアレンジの元となった料理をさらに探求するようになりました。このような地域の料理の味わいを「無難な冒険」として捉え、より親しみやすいカテゴリーで最初に導入することが重要です。

消費者にとっては、調理済み食品、調味料、ペーストなどのカテゴリーで、その料理が本格的に登場したときに、親しみやすさが生まれ、実際に食べてみることへのハードルを下げることができるのです。これは、サンドイッチ、スナック、スープなどのカテゴリーで、世界の料理が長年にわたって採用されていることと呼応しています。

出典: Mintel GNPD
セインズベリーの秋限定商品「カツチキンサンド ジンジャースロー」は、おなじみのサンドイッチとあまり知られていない具材の組み合わせです。

冒険好きな消費者でも、身近な料理を足がかりにして、さらなる冒険をするのです。スナック菓子やピザなどは、新しい料理を開拓するきっかけとしてよく利用されるため、本場のスタイルが定着されるのを待つよりも、新しい料理のトレンドにいち早く乗ることが有効です。

 

2. 肉料理と肉を使わない料理の両方に適した製品への消費者の関心を考慮する

肉料理と肉を使わない料理の両方に適した製品は、多国籍の料理を食べる人の10人に4人が興味を示しています。

赤身の肉や鶏肉を食べる人の3分の1以上が、肉の量を減らすことに積極的であると回答していることから、多国籍の料理は肉類を減らすトレンドから強い恩恵を受ける立場にあると言えます。パンデミックの長期的な影響として、持続可能性と食肉の減少に注目が集まる中、消費者に柔軟な選択肢を提供する多用途な製品は、今後ますます重要な意味を持つようになるでしょう。

出典: Mintel GNPD
Irie Eats Caribbean Curry Meal Kitは、肉を使っても使わなくても適したキットであることを消費者に伝えています。

多くの多国籍料理には、肉と野菜の両方に適した調理法がすでに紹介されていますが、その情報は、パッケージの裏面のレシピや盛り付けの提案で紹介され、なかなか見つからないことが多いのです。材料の適合性をオンパック・コミュニケーションの中心に据えることは、消費者の関心に寄り添っておいるだけでなく、食品を選ぶ際に環境に配慮したいと考える消費者のサステナビリティへの懸念にも対応しています。

3. フレーバーの明記

パッケージの味を明確に説明することで、多国籍料理を食べたことがある または食べてみたいと思っている人の4分の1以上が、実際に食べてみようと感じるでしょう。ハーブやスパイスの効能を説明することで、消費者はその料理から得られる効果について知ることができます。また、その料理の複雑さや、一から調理をするよりもいかに手軽であるかを強調することもできます。 さらに、スパイスやフレーバーの組み合わせに関するブランドの専門知識を紹介することで、消費者のエキゾチックな食材への興味と好奇心をさらに高め、消費者のリピーターを増やす可能性があります。

出典: Mintel GNPD
The Spice Tailor by Anjum Anand Punjabi Chickpea Masalaは、消費者にわかりやすいアイコンでフレーバーの特徴を表現しています。例えば、パッケージ上の唐辛子のイラストの数に応じて中辛なのか辛口なのかを明記するといった方法はすでに多く取り入れられています。しかし、商品説明にはスパイスやハーブの種類が記載されていることが多いですが、これらが料理の風味にどのような影響を与えるのか、より詳細な情報は少ないのが現状です。ブランドは、アルコール飲料のブランドを参考に、味の説明をより視覚的な方法で伝えることができます。例えば、レーダーチャートは、製品の風味の甘み、酸味、塩味、苦味、うま味の要素を伝えるのに適しています。

Mintelの思い

インフレで家計が圧迫される中、外食に代わる手頃な価格の商品を提供することで、多国籍料理の小売市場は利益を得ることができるでしょう。

ブランドは、馴染みのある料理に「ひとひねり」加えた商品を発売することで、多国籍料理の味に対する消費者の寛容さを利用し、あまり知られていない料理へのチャレンジのハードルを下げることができます。肉を入れても入れなくても美味しく食べることのできる多用途の製品は、長期的なフレキシタリアン傾向を利用することができます。

一方、風味の特徴を明確にすることで、消費者はどんな味を期待できるのかわかり、これらの製品の利便性を高めることができます。新型コロナウイルスによって予測されるフレックス勤務の長期的な増加は、家庭に焦点を当てた商品やブランドが潜在的な使用機会を増やす可能性を示唆しています。

関連記事

  1. ブランドはホリデーシーズンのアイスクリームでどのような現実逃避を…
  2. 注目のトレンド食材:レモン 蘇る酸味(MINTELグローバルトレ…
  3. 今、そしてこれから注目すべき3つのチョコレートトレンド(MINT…
  4. このハロウィーン、主役はやはりお菓子(MINTELグローバルトレ…
  5. 注目のトレンド素材: 蝶豆の花 天然着色料として(MINTELグ…
  6. タイ人の10人に7人がセルフケア行為として塩味のスナック菓子をつ…
  7. サステナビリティ、動物福祉、植物由来の食生活がアジア太平洋地域の…
  8. 注目のトレンド食材: ココナッツ 「おいしくて魅力的」(MINT…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP