未分類

【分析計測】顕微鏡とイメージングツールの開発動向

―2次元から3次元へと拡がる応用―


現代の顕微鏡は、ユーザーの様々なニーズに応えるべく高度化・細分化され、利用者の利用目的に応じてパーツや観察手法を変えたり、多様な使い方がされている。
食品の基礎研究または応用の場面では、粒子の表面解析や設計、ナノテクに近づきつつある微粒子開発における利用や、また食品で重要な微生物の観察や評価において顕微鏡の利用が定着しているほか、食品の機能性の検証場面では食による血球の形態変化や流動性の変化、皮膚細胞の解析など新場面での利用もみられる。
顕微鏡・画像処理技術では、デジタルカメラの普及・性能の進歩が著しいほか、バイオ分野におけるバイオイメージング、特にライブセルイメージングと呼ばれる分野の市場は国内外で伸びている。本稿では、各社の顕微鏡と画像処理機器・ソフトを紹介する。

関連記事

  1. 【素材レポ】冷凍生地用酵素製剤の開発とその効果
  2. ガニアシに抗インフルエンザ効果
  3. 【品質安全】品質管理で重要性高まる温度管理技術
  4. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う
  5. ●狂牛病に学ぶ危機管理の問題
  6. 【9月号】消臭・マスキング素材の利用動向
  7. 除菌・脱臭・鮮度維持用とで利用が進む光触媒技術
  8. 【2月号】スポーツフード素材の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP