未分類

【品質安全】最新の食品成分分析技術

―公定法VS迅速・環境対応法―


原料の成分確認や製造工程の管理、製品の品質評価や栄養評価のための食品の成分分析は、高まる品質への要求と食品をとりまく法規制の改正の中で、分析項目、頻度とも増えており、迅速・簡便法のニーズが高まっている。わが国では、ケルダール法やソックスレー法など公定法に則った分析技術が一般的だが、米国などでは、新しい分析法がAOACなどに取り入れられている。
本稿では食品の成分分析の公定法と迅速・環境対応法として紹介されている各社の分析装置についてみていく。
アクタック
アステック
三紳工業
ジェイ・サイエンス・ラボ
住化分析センター
なかやま理化製作所
日本シイベルヘグナー
日本ダイオネクス
日本ビュッヒ
ニレコ
ビーエルテック
フォス・ジャパン
ブルカー・オプティクス
LECOジャパン

関連記事

  1. 食品産業における臭い対策
  2. 乳化剤市場の最新動向
  3. 特別レポート  鯨肉抽出物(バレニン含有)摂取による抗疲労効果
  4. 特別レポート 新しいペクチンAMD300シリーズ
  5. 【8月号素材レポ】細胞内抗酸化力活性能を持つDHA高含有素材「A…
  6. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究4 (製造機器)…
  7. ポジティブリスト制に向けた残留農薬の一斉分析受託試験サービス
  8. CLOSE UP

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP