未分類

【支援技術】混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向

―食品の新プロセス・新商品開発に不可欠な最新ソリューション―


食品・飲料分野における混合・撹拌、乳化・分散技術は、減圧・加圧、加熱・冷却などの複合機能に加えて、自動化・省力化仕様、HACCP等に対応したサニタリー仕様など、市場ニーズに対応した装置開発がなされてきている。混合・撹拌装置は、製菓・製パン・製麺などの専用機から撹拌子の改良や2軸化等の新機種の開発により、惣菜、水産関連、納豆、味噌、ドレッシングなどへと用途が拡大している。また乳化装置は、基本技術をベースに高精度・微細化ニーズに対応したナノ乳化を実現するシステムやエネルギー効率を高めるための複合技術など、革新的な技術提案の動きも始まっている。
 本稿では、混合・撹拌・乳化・分散装置メーカー各社の最新動向を紹介する。
■食品の混合・撹拌、乳化・分散のことなら以下の企業に問合せを!!■
関東混合機工業
ノリタケ エンジニアリング
イズミフードマシナリ
インベンシスシステムス日本APV
ウエストファリアセパレーター
カジワラ
スギノマシン

関連記事

  1. CLOSE UP
  2. 【特別レポ】チア・シード
  3. 【素材レポ】ジボダン、TasteTrek Citrusで新しいオ…
  4. 【4月号】抗ストレス食品・素材の最新動向
  5. 【素材レポ】ヒアルロン酸・レシチン複合体(HAPLEX)のラット…
  6. シュガーレス・低カロリー食品の市場動向
  7. 機能性甘味料の最新市場動向
  8. CLOSE UP

おすすめリンク先

PAGE TOP