未分類

【支援技術】食品産業における用水・排水処理技術

良質な水を多量に必要とする食品・飲料産業にとってどんな水を使うかは、今や原料の問題以上に重要な意味を持つと言われている。


目的に合わせて水をデザインする機能水の重要性は急速に高まっており、食品業界でも膜処理水の導入や除菌・洗浄機能を持つ水、微弱エネルギー処理をした水の利用が進んでいる。特に電解水は食品添加物として認可され、需要拡大が期待されている。
一方、食品産業における排水処理は、地球環境に対する世界的な意識の高まりを背景に規制は年々厳しさを増しており、いかに環境対策に取り組んでいるかが企業姿勢として改めて問われている。食品工場でも最近の原材料高騰をうけ水のリサイクルなど資源の活用にも積極的に取り組んでいる。本稿では、食品産業における水処理技術の最新動向を、用水(機能水)と排水(廃水)の両面から紹介し、併せて高精度化が進む各種水質検査の動向を探る。
【注目の用水・排水処理メーカー】
クラレアクア
セルガード
オルガノ
ハンナインスツルメンツ・ジャパン
森永エンジニアリング
ハイモ
エイブル
日鉄環境エンジニアリング
エヌ・イー・ティ
ケイエルプラント
四国化成工業
テクノフロンティア
ヘリオス
巴工業

関連記事

  1. 品質管理に欠かせない酸素濃度モニタリング
  2. CLOSE UP
  3. 食品業界における環境対策
  4. 品質管理のための水分活性・pH測定計
  5. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ6
  6. 【10月号】脳機能改善素材の動向
  7. 【食品BIO支援】ニュートリゲノミクスの進展とツール開発
  8. 海外開発トピックス

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP