未分類

ポリフェノール素材の開発と利用

近年、植物由来の様々なフィトケミカルが注目されているが、早くから市場での動きが活発化しているのがポリフェノール含有素材だ。フラボノイドをはじめとしたポリフェノールの研究は幅広い分野で行われているが、近年特に注目されているのが、ガン、心疾患、老化などの原因となる活性酸素の消去能や、その他の生体調節作用である。生体内の作用機序の解明なども含め、ポリフェノールの機能性評価には、さらに多くの研究が必要であることはいうまでもないが、フィトケミカルが注目されるなかで、ポリフェノールの研究の進展への期待は大きい。
本稿では注目されているポリフェノール素材の機能性研究と素材開発動向、市場での応用状況を探っていく。


●ポリフェノール素材取り扱い注目企業
アサヒビール
アスク薬品
オリザ油化
キッコーマン
サントリー
新日本薬業
新三井製糖
太陽化学
・東京フードテクノ

●ポリフェノール素材取り扱い注目企業
東洋精糖
常磐植物科学研究所
備前化成
フジッコ
メルシャン

関連記事

  1. 食品添加物をめぐる最新動向 シリーズ8
  2. 【支援技術】食品の高品質化・環境対策で利用進む乾燥技術
  3. CLOSE UP
  4. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  5. メタボ健診で広がるか健康市場
  6. 【10月号】ロコモティブシンドローム対応素材の動向
  7. 【品質安全】食品安全性検査の受託試験サービス
  8. 【9月号】食品工場の洗浄・除菌剤と洗浄確認

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP