未分類

【分析計測】食品分野における水分測定技術の最新動向

水分測定は、品質管理や製品開発などに幅広く用いられており、その使用場面や用途によって簡易型から高精度タイプまで様々な機種がある。


ラボで使用される卓上用分析計では、公定法や準公定法に基づいた機器の迅速化、自動化、高精度化が進み、種類も充実している。また、ライン用ではHACCP対応プラントなどにおいて、非破壊による計測技術が現場にあった手法として貢献するなど注目されている。
本稿では、食品分野のあらゆる場面で用いられる水分測定技術の最新動向と各種製品について紹介する。
→続きは本誌をご覧ください。
◆◆◆【注目の水分測定ソリューション提供企業】◆◆◆
「迅速・高精度水分率測定を実現するハロゲン水分計」
メトラー・トレド
「簡易迅速測定のブラベンダー 電子式自動水分計」
パーカー コーポレーションl
「乳・乳製品分野で実績豊富なマイクロウェーブ式水分計」
アステック
「0.01%以下でも高精度に水分測定可能なカールフィッシャー方式」
京都電子工業
三菱化学アナリテック
「ハンディからオンラインまでラインアップ豊富な近赤外分光法タイプ」
ジェイティエンジニアリングl
「簡易計測に最適な携帯型水分計」
オガ電子

関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. 編集部から
  3. 編集部から
  4. CLOSE UP
  5. 【品質安全】最新の食品成分分析技術
  6. 食品安全に欠かせない温度管理技術
  7. 【品質・安全】食品品質を左右する温度管理技術
  8. 海外開発トピックス

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP