肥満

  1. グアーガム分解物のマウスにおけるサルコペニア肥満抑制効果を発表

    京都府立医科大学内分泌・代謝内科学の福井道明教授と太陽化学らによる研究グループは、グアーガム分解物が糖尿病モデルマウスのサルコペニア肥満を改善することを明らかにし、12/11~12にオンラインにて開催の第19回日本機能性食品医用学会総会で発…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP