健康メディア.com 健康産業速報

1975年より日本の健康産業と共に歩む「健康産業新聞」と、1918年から世界を舞台に活躍する英国メディアグループ「UBM」(ロンドン株式市場上場)による業界専門速報通信。

薬学会、機能性表示食品研究 ウコン、レスベラ、CoQ10等

日本薬学会137年会が3月24日~27日、仙台で開催される。薬学会賞受賞講演として、千葉大院の斉藤和季氏が、「植物メタボロミクスの開拓と薬用資源植物ゲノミクスへの展開」と題し発表する。一般シンポジウム「食事、運動、睡眠~生活習慣から薬物治療と創薬を考える」では、静岡県大の森本達也氏が、食品成分による心不全治療の可能性について講演する。

(2017/02/24 )

健康産業速報 マンスリーレポート 5月号

sokuhou_monthly.jpg


クローズアップ


「機能性表示」課題検討会 折り返しで残り5回
有効成分が不明確な食品、「クラス分け案」有力か

 機能性表示食品制度の積み残し課題についての検討会が折り返し地点を迎え、機能性関与成分が不明確な食品については、指標成分と機能性の関連性に応じた「クラス分け案」が有力な提案として注目されている。検討会はあと5回。ただビタミン・ミネラル等の栄養成分の追加については、現在のところ不透明な状況にある。


Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo