健康メディア.com 食品と開発
食品と開発表示

月刊『食品と開発』は、機能性素材・機能性食品の最新動向や、食品製造技術・衛生・品質向上、食品の安全・安心情報など、食品開発に関する情報誌です。これからの食品開発には欠かせない素材・技術の最新情報をいち早くお届けします。

【2016年2月号・特集1】スポーツニュートリション最新動向 

s-FP1602_h1.jpg


【特集1】スポーツニュートリション最新動向 

■スポーツにおける抗酸化栄養素
京都府立大学大学院 生命環境科学研究科 青井渉、
京都府立医科大学大学院 医学研究科 内藤裕二

■運動パフォーマンス向上のための機能性素材
東京医科大学 健康増進スポーツ医学分野1)、徳山大学 経済学部2)
浜岡隆文1)、江崎和希2)、黒澤裕子1)

■国内におけるスポーツ栄養学の進歩と課題
神奈川県立保健福祉大学 鈴木志保子

■スポーツサプリメントと機能性表示の可能性
順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科 スポーツ栄養・生化学研究室 鈴木良雄

■米国のスポーツニュートリション市場
(株)グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田猛

■スポーツニュートリションの市場動向
編集部


【特集2】新規殺菌剤・過酢酸製剤の利用

■新規殺菌剤としての過酢酸製剤
小津産業(株)大越俊行

■過酢酸製剤の殺菌剤としての活用
JA全農ミートフーズ(株)法務・コンプライアンス本部 品質保証室 室長 菊池孝治



【連載:新しい高齢者食品・介護食品の開発】

第9回
超高齢社会における新しい介護食品“スマイルケア食”の取組

農林水産省 食料産業局 食品製造課 課長補佐(食品第3班) 桃野慶二



【連載:機能性表示を巡って】

連載第23回
農林水産物の機能性表示の展望

農林水産省 農林水産技術会議事務局 研究推進課 土居下充洋



【ハラル認証企業インタビュー2】

ムスリム向け市場を的確にとらえたおみやげ開発─王様製菓(株)
非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会 調査担当・コンサルタント 中川圭吾



【連載:機能性表示食品の発売動向を追う 4】

機能性表示食品の届出・受理の現状



【レポート】

■スーパー大麦 BARLEYmax(バーリーマックス)~大腸の奥を整える~
帝人(株)新事業推進本部 北薗英一

■Food ITソリューションユーザー導入事例〈「FOODS eBASEカンファレンス2015」より〉
eBASE活用による食品表示作成の業務改革

(株)平和堂 CS推進部 品質管理室 室長 川村貢



【編集部記事】

【品質・安全対策】
■研究開発と品質管理で注目のモニタリング機器最前線

【支援技術】
■Food ITソリューションの最新動向
  ~“安心・安全”の確保からグローバル市場での競争力強化まで~

【N-tecレポート】
■機能性表示スタートで活発化する有用性・安全性の受託試験

【市場動向】
■食品加工用酵素

(2016/02/12 )

1月号特集

【特集】生理活性物質としてのDHA・EPAの機能と動態

■体内時計と脂質栄養学
早稲田大学 理工学術院 高橋将記、柴田重信

■イコサペンタエン酸エチル(EPA-E)の生体内動態
高崎健康福祉大学 大学院薬学研究科 荻原琢男

■日本人の食事摂取基準(2015年版):脂質を中心に
東京大学大学院 医学系研究科 社会予防疫学分野 佐々木敏

※DHA・EPA協議会 平成27年度 公開講演会「生理活性物質としてのDHA・EPAの機能と動態」での講演内容をまとめております。
公開講演会につきましては、 DHA・EPA協議会のHPおよび公開講演会のお知らせをご覧ください。

1月号連載とレポート


【連載:新しい高齢者食品・介護食品の開発】

第8回
凍結含浸法と高齢者・要介護者等向け食品の開発

広島県立総合技術研究所 食品工業技術センター 副主任研究員 杉岡光



【連載:産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品開発研究を追う】

シリーズ42
埼玉大麦プロジェクトの進展

国立大学法人埼玉大学理工学研究科 円谷陽一、小竹敬久
前・国立大学法人埼玉大学教育学部 川嶋かほる
国立大学法人埼玉大学研究機構オープンイノベーションセンター 大久保俊彦
前・国立大学法人埼玉大学研究機構オープンイノベーションセンター 東海林義和



【連載:機能性表示を巡って】

連載第22回
新機能性表示制度の今後とナチュラルメディシン・データベース
 ─新HQ認証そして本当は怖い医薬品との相互作用─

(一社)日本健康食品 サプリメント情報センター(JAHFIC)理事 宇野文博



【ハラルビジネス講座 第2講義】

ハラール基礎編2
宗教法人日本イスラーム文化センター 事務局長  クレイシ・ハールーン



【連載:機能性表示食品の発売動向を追う 3】

機能性表示食品の届出・受理の現状



【レポート】

■食品衛生検査指針 微生物編 改定とこれからの自主検査のあり方
森田科学コンサルタント事務所 AOACI日本セクション技術アドバイザー 森田裕


■新たな水溶性食物繊維「ファイバリクサ」(イソマルトデキストリン含有)
─腸内環境改善素材として提案する澱粉由来の食物繊維


■水溶性食物繊維「Fuji FF」の利用 その5
水溶性食物繊維「Fuji FF」の動向

Copyright UBM Media Co.LTD., All rights reserved 2010 logo