新着情報

「Food Produce Japan」新設のお知らせ 公式HPを公開

機能性食品開発を加速化する新たな展示会

高齢化の進展や社会保障費の膨張などを背景に、セルフメディケーションが浸透しつつあります。食品における「健康志向」の受け皿としては、サプリメントに加えて日常的に摂取する一般食品においても「健康志向」の台頭がめざましく、「より気軽に摂取できる」スーパーフードや乳酸菌チョコなどのヒットは記憶に新しいことと思います。また、加工食品の分野のみならず外食産業などにおいても健康を意識したメニューを目にする機会が増え、ありとあらゆる食のシーンにおいて「健康志向」が積極的にとりいれられています。

さて、このたび世界で550のB2Bイベントを主催するUBMが、この市場ニーズをより満たす機能性食品開発を加速化する場として「Food Produce Japan」を新設しました。この展示会では、食品形状を問わず、食品の開発・製造に必要な製品/サービス/情報を発信してまいります。

効率的なビジネスマッチングの場として、ぜひ本展をご活用ください!

公式HP http://www.fpjapan.jp/

FOOD PRODUCE JAPAN(機能性食品・ドリンク展)

2018年1月31日(水)から2月2日(金)

東京ビッグサイト 西1・3・4ホール

※UBM (ロンドン証券取引所上場)は、英国に本部を置く国際メディア企業です。30以上の国と地域に5,500人のスタッフを配し、世界各国で550を超えるトレードショー/カンファレンスを主催している“ビジネスコミュニケーションの場を創造する企業”です。本展示会においては、出展社・来場者双方の満足を追求してまいります。

関連記事

  1. 健康博覧会2011についてのアンケートを開始しました
  2. 【締切】IFT食品素材見本市&第16回シアトル商品開発セミナーツ…
  3. 健康産業新聞165501c 健康産業新聞(1655号)11月7日発行 DgS健食販売額1…
  4. 今年のヒット予測のアンケート結果
  5. 健康産業新聞1648TOPb 健康産業新聞(第1648号)7月18日発行 健食ネット通販35%…
  6. 【締切】米国最大規模の健康・自然食品展及び店頭視察ツアー
  7. 米国IFT食品素材見本市 & 第18回シアトル商品開発セミナー …
  8. 健康産業新聞(第1632号)11月15日発行

おすすめ記事

  1. 月刊『食品と開発』8月号特集は食品産業のAI活用と乳たん白
  2. 【ご案内】テレワークに「健康産業速報FAX通信」PDF版をご活用ください
  3. 健康食品・化粧品等 受託製造企業ガイドブック 2017年版
PAGE TOP