話題の人

セラピストの答えは いつもお客様と現場に!〈インタビュー〉

アマネム ウエルネス・マネージャー 小林千恵子氏
(スパセラピスト、鍼灸指圧師、マクロビオティックインストラクター、温泉利用指導者)

「アマネム(AMANEMU)」は、伊勢志摩国立公園内、英虞湾を望む高台に位置し、アマン初の温泉付きリゾート。天然温泉やプール、ジム、ヨガスタジオ、ヘルシーキュイジーヌ、トリートメントで構成する「パーソナルウエルネス イマ-ジョン」というアマン独自のプログラムを提供している。

アマネムについて?

2016 年にオープンしました。スパの敷地面積は2,000 平米。スパ施設としては異例の広さでしょう。国立公園の中で、電線もない、コンビニもなくて、自動販売機ももちろんなくて車も通らない。自然を感じるってこういうことかと納得しています。温泉を中心にスパを提供する最高の条件が揃っています。何より転地療法効果ですね。場所が変わるとまず気分が変わり、日常のストレスから少しでも逃避できます。三重県は海も近いので潮風が呼吸器にも良いし食材も新鮮で美味しいものもあります。こうした自然の力を借りられることも、この施設の素晴らしいところです。ゲストもリラックスしていますし、セラピスト自身の気持ちがまず違いますから、自ずと効果も違ってきます。
アマネムでは、散策や食でゆっくりと滞在を楽しむ方とスパを中心に滞在される方とがいらっしゃいます。スパのワンデイプログラムは、コンサルテーションでご要望を伺いプログラムを決め、モーニングエクササイズの後ランチはヘルシーキュイジーヌ、そして鍼灸指圧とスパトリートメントで、1 日でリフレッシュするライトなプログラムです。また「アマネム パーソナルウエルネスイマージョン」(3 泊4 日)では、一人ひとりの心身の状態に合わせ食事管理からメディテーションやフィジカルトレーニングまで一貫して行うトータルな滞在型のウエルネスプログラムを提供しています。

高齢化の時代にスパができることは?

ネムはあらゆるゲストを受け入れようと考えています。例えば、車椅子の方、何かの疾患を持っている方やリハビリ途中の方など。その際、疾患を持っているゲストには主治医の許可を得てから、いらしていただくようにしています。入浴法などは、医学的知識がないとできないことが沢山ありますし、セラピストやトレーナーだけでなくリゾート全体が連携して情報を共有し準備することが必要です。皆さんにとって、心地よい状態をハード面やソフト面で作って差し上げることは当たり前です。そしてお迎えして初めて気づくことを大切に考えどれだけを自分たちのものとしていけるかでしょう。

マクロビや鍼灸、温泉の勉強をしたのは何のために?

私はあくまでスパのセラピストです。軸足はスパにあるので、スパに鍼灸やマクロビオティックや温泉の知識をどう加えていくかをずっと模索してきました。これからも、まだまだ学び吸収し何かできることがないかを考えていきます。
私としては、自分の思い描くウエルネスを提供したくてアマネムに来ました。幸いにも何人かのお客さまはアマネムにご家族で足を運んでくださっている方もいます。人と人との縁や、繋がり、信頼の大切さを改めて実感していますが、セラピストとして長年担当をさせていただいているからこそ、その方の体や健康の変化に気づくこともあるのです。私が20 代だった頃からのお客様はもう70 代。いろいろなことを学ばせていただいたお客様という師なのです。

スパセラピストの方や現在目指している方が心掛けることは?

セラピストにとってまず大切なことは「健康管理」です。私自身もこの仕事に入って、欠勤が1回もないのは健康のお陰です。鍼灸学校に通った頃も三年間寝る間を惜しんで勉強し、仕事もしっかりやっていました。マクロビオティックの創始者が「きちんとカラダを整えると夢が叶う」と言っています。
自分のカラダからも学びがあります。「自分のカラダに触れて、どこが、どう痛いとか、どう変化しているのか」を考えるようにしています。それが一番の勉強だから。プロフェッショナルとしては、先ず自分の健康を大事に考え、グルーミングをして、第一印象を健やかにしていること。
メイクをするだけでなく、目から出るエネルギーとか、歩いている姿からハツラツとした雰囲気を発しているべきです。
次に大切なことは、「夢を持つ」こと。何かの資格を取ることだけではなく、そのパスポートを生かし何をするか。私は資格を取るために退職や留学しなくても現場で仕事をしながら休みなどを使ってやる方がよいと思っています。同じお客様に接していることも重要です。お客様から学ぶのが一番の答えです。同じカラダを何十年も施術していると自分のやってきたことや言ったことが確認できます。お客様と一生お付き合いするつもりで接すると、自分ももっと勉強をしようと励みになります。自分自身が健康で、生き生きと夢に向かって仕事をし、お客様も同僚も、そして家族も元気にする。そういう存在でありたいと思っています。

こばやし ちえこ
カネボウの直営サロンで5年間、資生堂の直営サロンで5年間エステティシャンとして勤務。2003年よりグランドハイアット東京「Nagomiスパ&フィットネス」でセラピストマネージャーとしてトータルボディケアを提供。
2016年7月アマネムウエルネスマネージャーに着任。

 

イベント情報



PAGE TOP