特集

活力系、コロナ禍でニーズ拡大(特集/男性サポート商材)

特色ある動植物由来の活力系素材などを用いたサプリメントや飲料の需要が高まっている。背景には、男性機能の向上や精力アップに加え、コロナ禍で“体力アップ”“疲れ軽減”を目的としたユーザーが増えたことが挙げられる。また、「活力+肉体改造」「男性の妊活サポート」をコンセプトにした商品が増え、ユーザー年齢層も拡大。2ケタ増の売上を達成した販売メーカーも複数みられた。排尿トラブル商材は、高齢者からの支持が高く安定市場を形成。代表格のノコギリヤシをはじめ、ペポカボチャ、シーベリー、ボタンボウフウ、シークヮーサーなどの機能性素材が流通。機能性表示食品の届出を進める動きも。近年、更年期障害に悩む中高年男性も増えており、男性サポート商材の利用拡大が一層見込まれる。

活力系飲料が人気

活力系商材に用いられている機能性素材は、抜群の認知を誇るマカをはじめ、トンカットアリ、カンカ、高麗人参、ガラナ、ムイラプアマ、ニンニク、オリーブ葉抽出物、紅景天、ウアナルポマチョ、L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛、ガラナ、岩石抽出物―― などが流通。スッポン、マムシ、ナマコ、豚睾丸といった動物性素材も体感性が評価され、根強い人気がある。

ドラッグストアや総合ディスカウントストアでは、飲料、サプリメントなどの商品が並ぶ。近年の傾向として「活力+肉体美」を訴求した商品や、男性の妊活サポート向けの商品が増えている。

コンビニエンスストアなどで「凄十」シリーズを展開する宝仙堂は、飲料商品が伸び、前年比2ケタ増の売上を達成。「既存ユーザーに加え、コロナ禍では、スタミナ・体力アップを求めて購入するユーザーも増えているようだ」と話す。

「マカの元気」シリーズの飲料を店販中心に展開するポッカサッポロフード&ビバレッジも2021年の販売数量は前年比をクリア。年12月に栄養ドリンク男性ユーザーに実施した独自調査によると、「滋養系栄養ドリンクに期待することとして、疲労回復、やる気・集中力アップ、元気・活力アップを挙げる回答が上位を占めた」という。

今秋には新成分を加え、パッケージも刷新したリニューアル品を上市する。このほか、店販・通販メーカーからは「コロナ初期の数ヵ月は販売量が減少したが、それ以降は増加傾向にある」「通販では、高齢者ユーザーが増えている」「精力アップ以外の利用が進むと共に、購入者層も広がっている」など、需要増の手応えを感じるコメントが多数聞かれた。

排尿サポート、機能性表示に期待

活力系同様に、超高齢者社会を背景に、注目されるのが排尿トラブル商材。高齢者を中心に「1 日何日もトレイにいく」「排尿後に残尿感が残る」「夜間の頻尿が続く」など、排尿トラブルに悩む人は1,000万人ともいわれる。

サポート素材としてメジャーなのがノコギリヤシ。国内市場では、トップシェアを誇るインデナジャパンをはじめ、BGG Japan、サンブライトなどが原料を供給。原料価格はキロ当たり2万円台から4 万円前後で推移する。

ノコギリヤシ以外では、ペポカボチャ、ボタンボウフウ、シーベリー、シークヮ―サー、ミスカミスカなどが流通。新たな動きでは、沖縄アロエが沖縄県産シークヮーサー由来のノビレチン配合商品を用いたヒト試験で夜間頻尿改善効果を確認した。同社では、研究成果を活用し、機能性表示食品の届出を進めていく。

また、近年は、男性更年期障害の「LOH(加齢性腺機能低下)症候群」も増えており…

続きは本紙8月17日発行号(1766号)に掲載。定期購読のお申し込みはこちらから

該当記事および過去のバックナンバーは、電子版ページからも閲覧いただけます。

■「受託製造企業ガイドブック2022年版」 好評販売中■


2017年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳しくはこちら

 

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP