行政・業界ニュース

健食、利用者定着、安全性情報に関心 -「医薬品との飲み合わせ」情報求める声-

健康産業新聞1643TOP

健康と食品懇話会は「2017 健康食品に関する消費者調査」の結果を発表した。健康食品を週1回以上の利用者を対象にした特殊な調査だが、この中では1年以上の継続利用も約6割に達するなど健康食品の定着ぶりがうかがえた。購入先は若い世代ほど「薬局・ドラッグストア」の利用が多かった一方、50代、60代の半数は、「通信販売(インターネット)」を利用していた。使用している健康食品は、「マルチビタミン」「DHA・EPA」「グルコサミン・コンドロイチン」などが上位を占めた。機能性表示食品での予防を期待する分野では、男性は「疲れやすさ」やメタボ関連が多かったほか、女性は男性より「もの忘れ(認知症)」、「骨密度の低下」「冷え性」「更年期障害」などの回答が目立った。安全性情報については、医薬品との相互作用に関する情報や、安全に摂取するうえで注意すべき情報を求める声が多かった。

50・60代、通販利用が5割 月当たり費用、3,000円未満が6割

健食・消費者研究ワーキンググループでは、健康食品(事前調査で週1 回以上、特定の健康食品を使用している人)を摂取している消費者を対象に、意識・実態調査を例年行っている。昨年11月、調査会社を通じてインターネットで実施、20~70代の男女624人(男性:312人/女性:312人)を対象に行った。

現在使用している健康食品の利用期間を聞くと、3ヵ月以上が8割以上だった。50代以上では、3年以上の継続利用が約40%だった。健康食品を摂取することで最も改善したいことは……
ウェブでは一部を公開しています。全文は「健康産業新聞」紙面(1643号)で

機能性表示、女性は「物忘れ」「骨密度の低下」「冷え性」の予防期待

昨年から機能性表示食品制度に関する意識調査も実施。機能性表示食品を利用して予防を期待する項目では、男性は「ミネラル・ビタミンの不足」(28.4%)、「疲れやすさ」(28.0%)のほか、「高血圧」(27.4%)、「体脂肪の増加・肥満」(26.5%)「血糖値の上昇」(23.9%)といったメタボ関連の項目を挙げる回答が多かった。女性は「体脂肪の増加・肥満」が30.8%でトップ。また、「物忘れ(認知症)」「骨密度の低下」「冷え性」「更年期障害」「しわ・たるみ」の項目が男性と比べて10ポイント以上高かった。

ただ、トクホや一般食品の回答もあり、「機能性表示食品との区別がついていない……

ウェブでは一部を公開。記事は「健康産業新聞 1640号」に掲載しています。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・健食ネット通販支出額が前年比11%増 -家計消費状況調査-
・健食ネット通販の支出トップは50代 -総務省統計局「17年 家計消費状況調査」-
・国セン、消費者問題「10大項目」発表-プエラリア等の健食関連も-
・セミナーレポート「健康被害の申出、その時どうする―厚労省が対応強化へ、消費者サイドとあるべき対応を探る―」JADMA サプリ塾

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

  1. 健康産業新聞1951-食品開発展a
PAGE TOP