連載

アメリカで現実化したネットとリアルの融合

【エステティシャン 五十嵐ゆう子】

今後のブランド、価格展開が注目される

2017 年6 月の半ばにアマゾンが約1兆5 千億円で米国最大の健康食品グロサリーWHOLE FOODS を買収したというニュースが世界中を駆け巡りました。1980 年の創業以来、WHOLE FOODSは専門的にナチュラル& オーガニックを総合的に扱う小売業としてニッチなポジションを維持し続け、ある意味UN-AMAZONABLE(アマゾン化されない業態=圧倒的なブランド力とサービスを提供し、他社と差別化できている企業)であると認知されて来ました。従ってこ買収によってWHOLE FOODS らしさがなくなるのではないのか?と懸念を抱く人も少なくないようです。しかし、アマゾンは2012 年ごろからネットとリアルの融合を唱えており、ここにきてその予測が現実化された瞬間だと言えましょう。そしてこの買収は今後米国を中心にオーガニックやナチュラルを扱う業界のアキレス腱だった価格挑戦への大きなステップになるかもしれません。

 

イベント情報





PAGE TOP