行政・業界

琉球大学「スパマネジメント論2017」開催

ryukyudai.jpg森トラストの伊達社長による講義も

 国立大学の初の試みとして四年前にスタートした琉球大学の「マネジメント論2017」。今年は3 月3 日~ 5 日の三日間で開催された。

 講義は「スパ概論」(NPO 日本スパ振興協会理事長岡田友悟氏)、「ホスピタリティー産業論」(琉球大学客員教授/沖縄県観光審議会委員・会長上地恵龍氏)「スパのエビデンス」(琉球大学観光産業科学科教授荒川雅志氏)をはじめ、市場動向、メニュー、デザイン、実際のタラソ施設からの報告など全13 講座。最後にグループワークで理想のスパをプランニングし発表を行った。主宰の同大学の荒川教授は「スパに関する実践講義『スパマネジメント論』は、正規授業であり公開授業です。業界を代表する講師陣が沖縄に集結していただいた。なかでも今年は、森トラスト㈱の伊達美和子代表取締役社長を非常勤講師に迎えることが出来た。また来年に向けてこの講座を一層強化していきたい」と述べた。

 なお、優秀作のスパプラン(妊活がテーマ)については9 月のスパ&ウエルネスジャパン2017(東京ビッグサイト)にて紹介される。(写真は森トラストの伊達社長による講義の様子)

イベント情報



PAGE TOP