もち麦

  1. 特集【雑穀】もち麦、はと麦、キビ、ひえ、アマランスなど 「味」+「機能性」で需要拡大。国産雑穀の産地形成や新品種開発の動きも

    栄養価の高さやスーパーフードとしての認知が進む雑穀。テレビ番組で雑穀の健康機能性が紹介されるなど、健康志向を追い風に消費者の関心が年々高まっている。最終商品では従来の炊飯用途に加え、手軽に栄養補給ができるレトルト商品やシリアルバーといっ…

  2. 【インタビュー】新・中期経営計画始動、さらなる飛躍目指す(はくばく、長澤社長)

    昭和16年創業の㈱はくばく(山梨県中央市)は、市場のシェア5割強を占めるなど雑穀のリーディングカンパ…

  3. 健康産業新聞1651雑穀b

    【特集】「雑穀」市場規模 500億円に拡大 -“もち麦ブーム”が市場をけん引

    雑穀市場が500億円にせまる勢い── 近年、健康志向の高まりとともに食生活を見直す消費者が増えたこと…

  4. 特産農作物セミナー_健康産業新聞

    平成29年度地域特産物の持つ機能性等に関する研究会(特産農作物セミナー)(1月25日)

    日時: 1 月25日(木) 13:00 ~ 17:00場所:石垣記念ホール(東京都港区赤坂1-9…

  5. 【2017上半期総括/下半期展望】食系ルート もち麦人気衰えず、植物油は市場定着へ

    オーガニック専門店も続々誕生中2017年上半期の食系流通市場は、大きなブームや大ヒット商品の…

  6. スーパーからもち麦製品が消えた、売り切れ続出の要因は?

  7. 【ZOOM UP】大麦 機能性浸透で大麦食品、絶好調

PAGE TOP