企業ニュース

ファンケル、「コラーゲン市場の活性狙う」新商品投入

ファンケルは3月20日より、新商品となる「ディープチャージ コラーゲン」シリーズを発売ファンケルは3月20日より、新商品となる「ディープチャージ コラーゲン」シリーズを発売する。同シリーズは、同社が2000年代から研究開発し製品化しているHTCコラーゲンを主要原料に、バラつぼみエキス、ビタミンCを配合。ドリンク、パウダー、ゼリー、タブレットと4種類のバリエーションで展開する。
HTCコラーゲンは、体内吸収にこだわりトリペプチド化しているのが特長で、今回新たに配合したバラつぼみエキスは、コラーゲン分解酵素の産生を抑制する作用が確認されており、同時に摂取することで、コラーゲン合成促進が期待できるという。発売にあたり同社では、「40~50代の女性に向けて、積極的にプロモーシションを実施していく」とし、「停滞気味のコラーゲン市場の活性を狙っていきたい」としている。

⇒健康産業新聞「新製品紹介」一覧ページをチェック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞1645号_話題追跡
  2. 健康産業新聞1645号_02
  3. 健康産業新聞1645号_地方

企業ニュース

  1. 健康産業新聞1646_アピ
  2. 健康産業新聞1645_機能性食品開発研究所02

特集

  1. 健康産業新聞1645_25_特集プロテオグリカン
  2. 健康産業新聞1645_特集美肌
  3. 健康産業新聞164517_抗肥満抗メタボ
PAGE TOP