特集

ロコモ・フレイル対策、機能性表示など 国内流通量、1350t超に(特集/グルコサミン)

関節サポート素材の代表格・グルコサミン。原料サプライヤー各社への取材から国内流通量は1,350tを超えたと推測される。長引くコロナ禍で、ロコモ・フレイル対策の重要性が増す中、グルコサミンを使用した新商品やリニューアル品が増えた。スポーツニュートリション向けやペット向けへの利用も進む。また、発酵グルコサミンは、SDGsの観点から関心が高まっている。機能性表示食品は、「関節」「肌」カテゴリーで100品を超えた。この1年の受理件数は40品以上。原料サプライヤーによるN‐アセチルグルコサミンのエビデンスデータが蓄積され、受理件数が伸びている。

国内流通量は回復基調へ 発酵グルコサミン、SDGsで注目上昇

原料サプライヤー各社への取材からグルコサミンの国内流通量は1,350 tを超えたと推測される。各社からは、「長引くコロナ禍で、ロコモ・フレイル対策を商品コンセプトとした開発の案件が進んだ」「サステナブル原料として発酵品の問合せが増えている」「機能性表示食品の受理件数の増加が、供給量全体の底上げに貢献した」「ペット向けの依頼が増えた」など、明るいコメントが多かった。

主な原料サプライヤーは、甲陽ケミカル、プロテインケミカル、中原、焼津水産化学工業、扶桑化学工業、ビーエイチエヌ、上海フリーマンジャパン、バイオメディカルウェルネスなど。グルコサミン塩酸塩の原料価格はキロ当たり中国産で1,500円半ばから2,000円前後、国内精製を加えると2,000円から2,500円前後、国産品は3,500円から4,000円前後で推移する。

ハラール対応原料や、中国フリーを訴求にインド産原料もある。産地、原料の種類、原料価格、機能性表示食品対応などで差別化。また引き続き、「GMP認証(原料又は自社工場)」「FSSC認証」「HACCP認証」「トレーサビリティの確立」など、品質向上・管理体制の整備に一層力を注ぐ。このほか、カニ・エビ殻を原材料とするグルコサミンは、将来の安定した原材料確保の懸念などから…

続きは紙面で。定期購読のお申し込みはこちらから(オンラインでの閲覧も可能です!)

■「受託製造企業ガイドブック2022年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a
2017年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳しくはこちら

 

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP