行政・業界ニュース

  1. 遺伝子レベルで食品成分の作用予測

    CoQ10、アガリチン、ゲニスタインなど国立医薬品食品衛生研究所は、コエンザイムQ10やアガリチンなどの食品成分を含む90種類の化学物質について、DNAマイクロアレイを用いた遺伝子発現解析を行い、作用を予測する研究プロジェクトを進めてい…

  2. 厚労省、「健食被害検討会」発足へ

    年内にも初会合 厚生労働省は、「健康食品による健康被害事例検討会(仮)」を今年度内に発足することを…

  3. NNFAジャパン第3回公開セミナー(11/30)

    「アガリクス問題はトレーサビリティの問題」NNFAジャパンの公開セミナーが先月30日に開催された。…

  4. 食薬区分、年度内改正へ 年内にも意見募集実施  タウリン・グルタチオンに期待

    厚生労働省は、第4次食薬区分改正の時期を今年度内とする方針を固めた。今回はこれまでのようにいきなり通…

  5. CoQ10の販売後調査始動へ

    07年度末メドに中間報告業界初の取り組みに国内外で注目集まる(財)日本健康・栄養食品協会が、コエ…

  6. 日本健康・栄養食品協会、健康・栄養食品CRO連絡会講演会

  7. 東京都 広告講習会に700人 美容健食表示で違反増加 「弾むような肌」「美白」等、規制対象に

  8. 通販企業実態調査 健康食品、化粧品分野が市場をリード

  9. ブルーベリー、原料価格高騰続く

  10. 「食品開発展2006」に4万5,000人

PAGE TOP