注目の記事

総医研HD中間期、健康事業売上89%増

総医研ホールディングスが10日に発表した第2四半期(2016年7~12月)の連結決算は、売上高が20億3300万円(前年同期比48.4%増)、営業利益が1700万円(前年同期は営業損失2100万円)だった。


「健康補助食品事業」の売上高が・・・

(詳しくは2月24日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 常盤植物、ビルベリーで「機能性表示」対応 アイケアデータ拡充
  2. 機能性表示1品受理、計433品に
  3. 愛媛県、機能性表示で「ワンストップ相談窓口」
  4. 韓国で初の「Hi」、日本の機能性表示制度に関心集まる
  5. 佐賀県・健食等開発拠点、中小企業を補助
  6. フジ日本精糖、砂糖由来イヌリンで機能性表示対応
  7. 日本水産、同社初の機能性表示食品を5月発売
  8. 機能性表示470品に、エーエフシーが初受理
PAGE TOP