注目の記事

5成分のスイッチOTC化、妥当性で意見募集

厚生労働省は11日、産業界や消費者等から要望のあった5成分のスイッチOTC化の妥当性に関する検討結果について、意見募集を開始した。7月26日の有識者検討会議で、ヒアルロン酸ナトリウム、レバミピド、レボノルゲストレル、メロキシカム、フルチカゾンプロピオン酸エステル―の5成分について議論。点眼液としてのヒアルロン酸ナトリウムは…

続きは紙面(2017年9月12日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 日本ビオファック、豚由来エラスチンのサンプルワーク
  2. 食品の用途特許、各社着々と出願 権利化の機会失う例も
  3. 都が食品表示法で講習会、製造所固有記号など解説
  4. 総医研HD第1四半期、売上高88%増
  5. ピルボックス、機能性表示で2品目投入
  6. ニコダーム、仏ベンチャー企業と提携 次世代ヒト皮膚評価
  7. 米国CRN、悪質業者を非難 風評被害に懸念
  8. FDA、新栄養成分表示で企業向けリソース
PAGE TOP