注目の記事

5成分のスイッチOTC化、妥当性で意見募集

厚生労働省は11日、産業界や消費者等から要望のあった5成分のスイッチOTC化の妥当性に関する検討結果について、意見募集を開始した。7月26日の有識者検討会議で、ヒアルロン酸ナトリウム、レバミピド、レボノルゲストレル、メロキシカム、フルチカゾンプロピオン酸エステル―の5成分について議論。点眼液としてのヒアルロン酸ナトリウムは…

続きは紙面(2017年9月12日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. ダイドードリンコ第3四半期、飲料受託部門売上1.4%増
  2. アレルギー患者や嚥下困難者、透析患者等に向けた災害食認証制度が開…
  3. 日本曹達、結合剤「セルニー」をウコン製剤化で提案
  4. 協同乳業、水素産生する乳飲料を上市 「売上5億円目指す」
  5. 日本製粉、肌対応の機能性表示食品を2月に発売
  6. 機能性表示1品追加、計941品に
  7. 米国CRN、悪質業者を非難 風評被害に懸念
  8. 機能性表示467品に
PAGE TOP