注目の記事

アピ、「ODMでネクストステージへ」

健康食品受託最大手のアピ(058・271・3838)は、健康食品・トクホ・機能性表示食品・ドリンク分野において、1万品目を超えるOEM供給実績をバックグラウンドにした「API,s ODM~Toward The NEXT STAGE~」事業を始動する。一般的なODMは製品の開発と設計に至るまでを受託製造企業が主となる。今回アピが提案する「API,s ODM」は同社の強みである研究開発・技術開発・品質管理・企画・提案力をリンクさせ・・・

続きは紙面(2017年9月1日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 食品産業センター、原料原産地表示で要望書 「中小企業は厳しい」
  2. サンクロ、クロレラで機能性表示届出 新知見も
  3. アピ、アルミボトル缶の炭酸飲料受託スタート
  4. キッセイ薬品工業、特別用途食品2品の販売中止
  5. えがお、機能性表示食品を2品投入
  6. ヤクルト本社、乳酸菌シロタ株で高齢者の高血圧発症リスク低減
  7. 江崎グリコ、スポーツサプリをDgSに展開
  8. 食品通販、6.3%増の3兆3768億円 矢野経済調査
PAGE TOP