注目の記事

松本市、りんご「サンふじ」に機能性表示の可能性

松本市はこのほど、松本産野菜・果物の機能性表示取得に向けた調査結果を明らかにした。調査対象は①りんご「サンふじ」、②松本一本ねぎ―の2品。「サンふじ」にはLDLコレステロール低減作用が報告されているプロシアニジン、松本1本ねぎには血糖値を下げること期待できるイソアリインや葉酸がなどが含まれている。

検討の結果、「サンふじ」のプロシアニジンについては、農健機構の論文があるが、根拠として認められるかは不明で、機能性表示食品としての可能性は「△」と判断。ただ可能性はあるとして…

続きは紙面(2017年9月12日発行)で

媒体紹介

関連記事

  1. 伊藤園、冷え対応の機能性表示食品を発売
  2. 16年通関累計、ハチミツ3割増の4.8万トン
  3. タイ健食市場2800億円、「輸入業者の役割重要」
  4. 抗酸化物質、変形性膝関節症を抑制
  5. WHO、日本が長寿1位に
  6. 湧永製薬、熟成ニンニクサプリを発売
  7. 機能性表示、一瞬で伝わるわかりやすさ重要 BASF調査
  8. 坂田信夫商店、ショウガ粉末供給量が5倍に
PAGE TOP