行政・業界ニュース

「温活」市場活況、2000億円突破 健食は生姜、高麗人参など 「HSP」がキーワードに

「温活」サポート商材市場が2000億円を超えたことが、健康産業新聞の推計でわかった。「温活」で増加するヒートショックプロテイン(HSP)の効果にアスリートなども注目。大手企業も相次ぎ参入し、一大市場を形成している。


「温活」市場は、8割以上が冷えを抱えているといわれる女性を中心に広まった。「冷え」は免疫力や基礎代謝量の低下、自律神経バランスの乱れ、うつなどの要因とされ、様々な疾病を誘発する危険性が指摘されている。美容面でも肥満やセルライト、むくみ、肌のシミやクスミなどの原因と言われ、“冷えは老化のシグナル”と呼ぶ専門家も存在する。こうした中、日常生活で体を冷やさないようにする、体を温めるといった新しいライフスタイル「温活」の実践者が増加してきた。

厚生労働省の薬事工業生産動態統計によると、マッサージ機器や熱療法治療器など血行を促進して冷えを改善する効果のある家庭用医療機器の2016年の国内出荷金額は約620億円、薬用入浴剤の生産金額は約440億円。ここに医療機器以外の温熱・温浴機器類、浴用化粧品等の関連商材、さらにサプリメントなど…

詳細は健康産業速報10月13日号

 

媒体紹介

コメント

    • 佐藤征義
    • 2017年 10月 18日

    予防医学に関する研究者、インターナシヨナルな考え方のチームが出来ると楽しいですね?東洋医学とせる

    • 川端健嗣
    • 2017年 10月 18日

    10月13日の温活市場のつづきをよみたい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

行政・業界ニュース

企業ニュース

特集

PAGE TOP