未分類

食品分野における画像処理、文字検査装置の最新動向

画像処理技術は近年、食品の生産現場において目視検査にとってかわる外観検査および文字(印字)検査に不可欠な技術として普及し始めた。ここ数年、食品における異物混入事故や虚偽表示、誤表示が社会問題化する中で、消費者やスーパー、コンビニが食の安全性に対して厳しい目を向け、目視にかわる高精度の検査が可能となる画像処理技術の重要性が高まっており、食品・飲料業界では、作業者のスキルに見合った操作性、コストパフォーマンスを見極めた上で、最適な外観検査装置や文字検査装置を導入する動きが広がっている。本稿では、厳格化する食品表示制度や異物混入問題等の動きを踏まえ、多様化・高度化する検査ニーズに対応した画像処理システム、文字検査装置の最新動向を探る。


■有力画像処理、文字検査装置サプライヤー■
NTTファネットシステムズ
http://www.ntt-fanet.co.jp/
オムロン
http://www.fa.omron.co.jp/product/sensor/
キリンテクノシステム
http://www.kirintechno.co.jp/
ライオンエンジニアリング
http://www.lion-eng.co.jp/

関連記事

  1. 新素材レポート カビ・酵母を防ぐナタマイシン
  2. 【市場動向】特殊製法塩・輸入塩の最新動向
  3. 【素材レポ】グルコサミンMX
  4. 素材レポート ローヤルゼリーの成長促進効果
  5. 【乾燥技術】規格外、未成熟品など未利用農産物を乾燥で付加価値品に…
  6. 【連載】産学官連携による地域農・畜・水産物活用のための機能性食品…
  7. 【支援技術】食品産業における搬送技術の最新動向
  8. 【2月号】緑茶素材と健康茶の市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP