特集

【特集】北陸(富山県・石川県・福井県)、健食・化粧品分野で特産品活用進む

北陸地域では、伝統技術を強みに健康業界で活躍する企業が多い。大学などアカデミアの層も厚く、産学官連携による地域特産品を活用した健康食品や化粧品の開発も盛んに行われている。富山県では健康・美容分野から再生医療や介護分野での活用まで広がりを見せる富山湾の海洋深層水、富山市が6次産業化を通じ、新たな特産品に推すエゴマ、石川県では血糖値や血圧降下作用が確認された加賀野菜「金時草」や、発酵素材・技術を用いた健康食品・化粧品開発、福井県では特産品の梅を活用した機能性表示食品の開発―― など、オリジナリティに溢れた取り組みが目白押しだ。

健康産業新聞1650北陸a

北陸を代表する健康産業集積地「富山」

「とやまの置き薬」で知られる富山県には、医薬品製造企業と医薬品卸売業者・医薬品関連企業を合わせると、100社以上の医薬品関連企業が存在。医薬品製造で培った技術をベースに、健康食品や化粧品製造で活躍する企業も多い。アスタキサンチンのリーディングカンパニー・富士化学工業、健康食品の総合OEMメーカー・バイホロン、自社オリジナル原料を用いた健康食品の受託製造を展開する協和薬品、α-リポ酸の有力サプライヤー・立山化成、薬膳カレーやハトムギ美容飲料などの製造販売でも近年、存在感を見せる配置薬の老舗・廣貫堂―― など全国的にも知られた企業が本社を構える。

また県下には、各種健康食品の小ロットOEMに定評がある明健舎をはじめ、啓伸、アニマート製薬、國民製薬、源平製薬、明治薬品―― など健康食品の受託製造企業も多い。医薬品・健康食品製造が盛んな地域柄、印刷包材メーカーも多く、朝日印刷をはじめ、シルバー印刷、富山スガキなどが本社を置いている。さらに富山県は“水の王国”とも呼ばれ……

地域特産物を用いた健康商材にも注目

富山県では、地域特産物を用いた商品開発も活発で、その代表格が富山湾の海洋深層水だ。富山県深層水協議会を中心に県内の大学や公設試験研究機関、民間企業との産学官連携により、深層水の機能性研究や応用商品も開発が盛んだ。なかでも同協議会主要メンバーの五洲薬品は、深層水研究を通じて食卓塩や飲料水、経口補水液、トロミ食品、バスソルトなど、医療・介護、健康・美容分野で様々な商品を開発している。また富山市では、必須脂肪酸のα-リノレン酸を多く含む薬用植物「エゴマ」の……

石川・福井でも地域特産品活用進む

石川県では、金沢大学で加賀野菜「金時草」の機能性研究から健康食品の開発、イチゴポリフェノールの機能性研究から「溶けないアイス」の開発などを支援してきた太田富久名誉教授が「OHTA太田富久研究所」を先月設立。発酵食材および菌類原料に由来する健康機能性天然成分の研究開発から原料・OEM供給事業を開始した。また県では、魚醤やかぶら……

ウェブでは一部を公開。記事は「健康産業新聞 1650号」に掲載しています。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
・【特集】注目の植物油 -アマニ・エゴマ・米油、新油市場170億円超に
・【健産online】純米酒の旨味成分で肌のコラーゲン量増加

■■■「健康産業新聞メルマガ」(無料/月2回配信)のご登録はこちら!■■■

行政・業界ニュース

  1. 健康産業新聞1656ドリコス1
  2. 健康産業新聞1656静岡1
  3. 健康産業新聞165603d

企業ニュース

  1. 健康産業新聞アオテアロアa
  2. 健康産業新聞165406aアピ
  3. 健康産業新聞1653アピ野々垣社長

特集

  1. 健康産業新聞1655オーガニック2
  2. 健康産業新聞1654シニアb
PAGE TOP