行政・業界ニュース

食品衛生の国際標準化制度、来年度成立へ

 厚生労働省はこのほど、食品衛生管理の国際標準化を目指し、すべての食品事業者を対象に一般衛生管理の着実な実施に加えHACCPの制度化を取り入れた仕組みをつくる方針を固めた。手引書作成について農林水産省など関連省庁と連携をとり、業界団体を通じて定着をはかる。


 HACCAPの導入については先進国を中心に義務化が進められており、日本から輸出する食品にも要件とされるなど、いまや国際標準となっている。国内事業者においては、従来の衛生管理の取り組みに加え、事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入などの危害要因を把握し、特に重要な工程を管理。結果としてそれらの危害要因を食品衛生上問題のないレベルにまで除去または低減させ、これらを文書化するHACCPによる衛生管理をさらに広く定着させることを狙いとした。
 一部の食品事業者や輸出食品の製造事業者のみが取り組むのでなく、フードチ・・・
(詳しくは2/15発行・第1614号で)




ウェブ上では一部を公開しています。記事全文は紙面をご覧ください。
「健康産業新聞」 購読案内
毎月第1週、第3週水曜日発行 
年間購読料21,600円(税込)
(1666円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


行政・業界ニュース

企業ニュース

  1. 健康産業新聞ロゴ01
  2. 健康産業新聞ロゴ01

特集

PAGE TOP