未分類

8月の特保諮問見送りに

【健康産業速報1443号トップニュース】消費者庁は5日、8月に開催予定の消費者委員会新開発食品調査部会への特定保健用食品に関する諮問を見送ると決めた。6月末には9件の新規申請が寄せられたが・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆安全性認証、協議会「維持費」は1品1年あたり5000円
◆農水省、食品情報提供のJAS規格化で調査開始
◆ロコモ対応の健食市場活性化、4700万人マーケットに各社照準
◆健食利用者、摂取要因に2パターン
◆大木、メーカーと協力し需要創造を促進
他ニュース多数!

関連記事

  1. 健康産業速報1月10日号
  2. 吉野家、牛丼等にかける機能性表示食品「だしサプリ」
  3. 低栄養傾向の高齢者、男性10%・女性20%
  4. 「妊娠率190%アップ」、サプリ販売企業に措置命令
  5. 50代以上の健食ユーザー、利用1位はDHA・EPA
  6. 食品表示基準を一部改正、「指定成分」の表示を規定
  7. 「新型コロナ」予防表示、30社に改善要請
  8. 健康産業速報3月27日号
PAGE TOP